エフェクター・機材

快感のファズ TONE-LOK Ibanez FZ7

投稿日:2016-03-05 更新日:

Ibanez FZ7   2554

90年代中頃〜後半のファズ事情




1993年スマッシングパンプキンスの「サイアミーズ・ドリーム」と94年dipの「dip」でオーバードライブやディストーション以上な轟音の快感に私の耳がシフトしていった。

dipの1st、「ill」のリマスターを聴き、ヤマジ カズヒデの轟音ギター、ストラトの快感を思い出す | ガーってやればいいんだよ

この2つのバンドが世の中に与えた影響は結構大きく、フォロワー的なバンドの音をあちこちで聴いた、私も流行りものは好きなので90年代後半の歪みはストラトにファズだった。
そんな時代を経てアイバニーズが2000年ごろ(だったような)に発売したFUZZ FZ7を引っ張りだしてみる。

Ibanez FZ7   2518

アイバニーズ TONE-LOK FZ7

普通に使えば普通にFUZZの音。

しかしこの機種にはDAMAGEという3段階に切り替えられるスイッチがついており、このDAMAGEを100%にした音が好きだった。

DAMAGE100%はブチブチ切れて音程感も失くなり、かけっぱなしにするタイプの歪みではない。
かけっぱなしにすると多分ボーカルからやめてくれと言われる(笑)

Ibanez FZ7   2519

このFZ7のDAMAGE100%の個性的な音は、「一曲のリフのみ」というような使い方だと、意外性を発揮し聴いている方に深い印象を植え付ける。
ブチブチ切れる感がパーカッシブなカッティングにマッチし複音のリフを作った。

Ibanez FZ7   2531

オペアンプはつやなしのJRC4558Dが2つ

Ibanez FZ7   2540

DAMAGEを0にすればディストーション的な使い方ももちろんできる

Ibanez FZ7   2533

TONE-LOKは頑丈な作りだけどスイッチは弱い?

通称ゴキブリと不名誉?なあだ名のサウンドタンクシリーズの後にTONE-LOKシリーズは発売された。
弱々しいプラスチックのサウンドタンクシリーズの反動からかTONE-LOKシリーズは非常に頑丈な作りになっている。

Ibanez FZ7   2626

そして、つま先があたってもつまみのレベルが変わらないまさしくTONE-LOKのアイデアは脱帽もの

Ibanez FZ7   2520

一番踏みつけられるスイッチはサウンドタンクシリーズと同じ部品でかなり細い。
しかし15年ほど経った今でも問題なく切り替わる。
BOSSも切り替わらなくなることはよくあるので、耐久性は同じぐらいなのかな?でも見た目が弱そうなので損をしているような気がする。

TONE-LOKシリーズのスイッチ

Ibanez FZ7   2530

サウンドタンクシリーズのスイッチ

Ibanez FZ7  2632

TONE-LOKシリーズの人気

Ibanez FZ7   2619

サウンドタンクシリーズからTONE-LOKあたりのIbanezはBOSSとの差別化からか、ルックスの試行錯誤が見て取れる。

有名なギタリストが使用したなどあまり見ないのでTONE-LOKシリーズの人気はいまいちだ。
ギターマガジン、リートーミュージック出版の以下のエフェクトボードファイルをパラパラ見ても誰の足元にもTONE-LOKシリーズは設置されていない。

もう1台個性的なエフェクターとして同じIbanezのTONE-LOKでLO-FI、LF7というのもあった。

Ibanez FZ7   2621

このLF7とFZ7はともに宅録でボーカルやリズムマシンへのエフェクターとして、ギター以外で大活躍した(笑)

通常のバッキングのFUZZはBOSSのFUZZが歌にはちょうど良かった。
BOSS マルチエフェクターSE-70を20年経ったいまレビュー | ガーってやればいいんだよ

IMG 1512 2

音が個性的過ぎてバンドでは1曲のリフでしか私は使うことができなかったIbanez FZ7の個性的な音は、今後優れたギタリストの誰かが使い世に出るのではと思う。

Ibanez FZ7   2555

普通のバンドにはあまりなじまないが、快感のFUZZの音だと私フカジは思う。

最後までお読みくださいましてありがとうございます。






 



-エフェクター・機材

Copyright© ガーってやればいいんだよ , 2017 All Rights Reserved.