ギタリストの機材

シアトル EMPでの2013年のニルヴァーナ展

シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC04079
(画像:2013年 音楽博物館 EMP 現 MoPOP ポップカルチャー博物館)

You Tubeをみていたらみのミュージックさんがデイヴ・グロールにインタビューしていたんですよ!

いや、ほんとすごい、インタビューの内容もグレイトだし、もうみながら「すげー」としか言葉が出なかった、ほんと神回ですよ。

みのミュージックさんのデイヴ・グロールインタビュー

そんなデイヴ・グロールとみのさんのやり取りの中にポールマッカートニーのシアトルのライブで見かけたという流れがあり、シアトルの音楽博物館 EMPの話が出てきた

EMP シアトル DSC04084

デイヴ・グロールと同じ2013年の7月に私もシアトルのEMPに行ってニルヴァーナ展をみたんです、懐かしくなったので写真引っ張り出して記事にしました。

私は2013年7月6日、デイヴ・グロールは7月19日前後。

そのみのミュージックさんのインタビュー内、ポールマッカートニーのシアトルライブ〜EMPの話の大体の流れは以下です。

【神回】デイヴ・グロールにインタビューしてみた ポールの部分

  • みのミュージックさんがシアトルでのポールのライブでデイヴ・グロールをみた
  • このライブは2013年7月19日(金)シアトルSafeco Fieldにて
  • ポール・マッカートニー・ツアー「Out There! Tour」
  • この日は元ニルヴァーナのデイヴ・グロール、クリス・ノヴォゼリック、パット・スメアの3人が飛び入りヘルター・スケルターなど演奏
  • そもそもそのライブに行ったのはデイブもデイブの娘さんたちもビートルズの大ファン
  • デイブが娘さんたちにシアトル行きを提案、
  • ちょうどその頃 EMPでニルヴァーナ展をやってる
  • ポールのライブに行ってそのあとEMPのニルヴァーナ展をみようと持ちかけた
  • パパもポールと共演するからと
  • 娘たちはポールのライブをすごく喜んだ
  • しかし娘たちはニルヴァーナ展は全く興味がないとw
  • 「ニルヴァーナ?どうせパパのバンドでしょ?」と言われたとのこと

    ニルヴァーナ以外のEMPをめちゃめちゃ楽しんだらしい

    ※参加曲、ライブの日にちなどは以下のポール・マッカートニーのファンの方が運営されているJASH’S PAUL McCARTNEY PAGEというサイトから引用させていただきました。

    というエピソードでした。

    私にも娘がいますが父親は娘に弱いんですよw
    …大物ミュージシャンでもやはり娘さんには弱いのかもしれません

    シアトル 2013 ポール DSC03371
    (画像:Safeco Field 2013年 撮影 )

    以下クリックでYou Tubeの動画が再生されます、音がでますのでご注意ください。

    4分14秒あたりからです。

    これは貴重な話です。

    シアトル 音楽博物館 EMP(Experience Music Project)

    EMP シアトル DSC04054

    ※音楽博物館 EMPは2016年「MoPOP ポップカルチャー博物館」としてリニューアルオープンしている。

    マイクロソフトの創始者の1人、ポール・アレン氏はシアトル出身でロックを愛するミリオネア。

    シアトルにポール・アレン氏の膨大な資産で作られた音楽博物館EMP(Experience Music Project)がある。ここには様々なミュージシャンの使用ギターや衣装などが展示されている。

    特にシアトルに縁のあるジミ・ヘンドリクスとニルヴァーナの展示物が多くファンなら何日も通いたくなる、たまらない展示物が目白押しだった。

    ジミヘンやニルヴァーナ以外にもクリッシー・ハインドのテレキャスやキム・ゴードンのベースなど一日ではすべて見きれないほどのボリュームです。

    あわせて読みたい

    酒好きのロック好きにはたまんない、AC/DCのテキーラ、マーシャルのクラフトビール、ポーグスのアイリッシュ ウイスキー、ヨシキやストーンズのワイン…しびれます。

    >>TOWER RECORDがロックに合うお酒をセレクト→こちら

    シアトル 音楽博物館 EMPはスペースニードルのすぐとなり

    シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC04327

    スペースニードルの展望台からの眺め、右下がEMP

    シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC03992

    2013年のEMP ニルヴァーナ展

    シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC04186

    私が訪館したのが2013年の7月6日、デイヴ・グロール家族が言ったのが2週間後の7月19日前後。
    なんだか同じ場所に行ったんだなーと思いを馳せていました。

    デイヴ・グロールの娘さんたちは楽しめなかったという2013年のEMP ニルヴァーナ展、私は最高に楽しみました。

    シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC04239
    シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC04240
    シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC04237
    シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC04227
    シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC04209
    シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC04179
    シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC04242
    シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC04201
    シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC04212
    シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC04255
    シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC04317

    2013年ポールマッカートニーとデイヴ・グロールが共演したシアトルSafeco Field

    シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC03368

    野球ファンには日本でもおなじみのスタジアムですね。

    シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC03369
    シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC03367
    シアトル 2013  ニルヴァーナ EMP DSC04018

    参加曲、ライブの日にちなどは以下のポール・マッカートニーのファンの方が運営されているJASH’S PAUL McCARTNEY PAGEというサイトから引用させていただきました。

    2013年7月19日(金) アメリカ・シアトル(ワシントン州) Safeco Fieldで行われたポール・マッカートニー・ツアー「Out There! Tour」の公演のセットリストと写真です。
    この日の公演は観客として見に来ていた元ニルヴァーナのデイヴ・グロール、クリス・ノヴォゼリック、パット・スメアの3人が飛び入り参加し、「Cut Me Some Slack」「Get Back」「Long Tall Sally」「Helter Skelter」「Golden Slumbers / Carry That Weight / The End」を共演しました。
    〜〜〜〜中略〜〜〜〜
    Encore One
    31. Day Tripper
    32. Cut Me Some Slack (with Nirvana -Dave Grohl – drums, Krist Novoselic, Pat Smear, Paul- cigar box electric guitar)
    33. Get Back (With Dave Grohl on guitar, Krist Novoselic, and Pat Smear)
    Encore Two
    34. Yesterday
    35. Long Tall Sally (With Dave Grohl on guitar, Krist Novoselic and Pat Smear)
    36. Helter Skelter (With Dave Grohl on guitar, Krist Novoselic and Pat Smear)
    37. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End(With Dave Grohl on guitar, Krist Novoselic and Pat Smear)

    引用:JASH’S PAUL McCARTNEY PAGE ポール・マッカートニー・ツアー「Out There! Tour」2013年7月19日(金)アメリカ・シアトル公演の写真・セットリスト 動画リンクあり

    最後までお読みくださいましてありがとうございます。



     

    あわせて読みたい

    酒好きのロック好きにはたまんない

    AC/DCのテキーラ、マーシャルのクラフトビール、ポーグスのアイリッシュ ウイスキー、ヨシキやストーンズのワイン…ラベルみるだけでしびれますw

    >>TOWER RECORDがロックに合うお酒をセレクト→こちら

    -ギタリストの機材

    © 2021 ガーってやればいいんだよ