ガーってやればいいんだよ

布袋寅泰の基礎となったアルバム10枚

Tagged

こちらももしお時間あればいかがですか?

PINKのベース、岡野ハジメのバイブラ1号(VIBRA イカベース)を検証

PINKのベース、岡野ハジメのバイブラ1号(VIBRA イカベース)を検証

(画像:「MY DEAR BASS」,『ベースマガジン』1990年12月号, p.72,リットーミュージック社) ベーシスト岡野ハジメの不思議なベース PINKとは天才集団と呼ばれたバンドで85年1stアルバムの「PINK」で2曲布袋さんが...
YAMAHA ギターアンプ JX20には布袋寅泰使用エフェクターで人気のオペアンプが搭載

YAMAHA ギターアンプ JX20には布袋寅泰使用エフェクターで人気のオペアンプが搭載

YAMAHA ギターアンプ JX20 記憶は曖昧だが30年ほど前、親戚か誰かに譲り受けた初めて手にしたギターアンプだ。 どこかにあったな、ぐらいは覚えていたが実家の倉庫の奥からでてきた。 スイッチを入れると少しガリはあるがまったく問題なく音...
井上陽水奥田民生をみてBOOWYを思い出す

井上陽水奥田民生をみてBOOWYを思い出す

Double Shopping Drive 民生さんのDVDをさかのぼって買ったりしていて、この井上陽水奥田民生のライブDVDに辿り着いた。 2007年の全国ツアーで、もう7年も前のライブである。 十代の頃の「CASE OF BOØWY」ほ...
ギターやベースでよい音を作るためシールドケーブルの選び方

ギターやベースでよい音を作るためシールドケーブルの選び方

なぜシールドにこだわるか 良い音を出すために尽きる。 良いギター、良いアンプがないのにシールドだけ高級品にしても良い音にはならない。 シールドとはギター・ベースの音をアンプに伝える道具なので、まず自分の気に入った音が出せるギター・ベースやア...
Theピーズ〜ダメンズの仮面をかぶったインテリ

Theピーズ〜ダメンズの仮面をかぶったインテリ

Theピーズ マスカキザルぐらいのころ ハルさんの女心をくすぐるルックスちょっとエッチな日常を書いた詞アビさんのしびれるギタードラムは、、よくかわっていた。 兄弟だったカステラとともに80年代バンドブームをよく表したバンドだ。  とても女の...
布袋寅泰 バッキングの音の気持ち良さについて

布袋寅泰 バッキングの音の気持ち良さについて

リズムギタリストとしての布袋寅泰 歌もののバックで弾く布袋さんのギターファンは多いと思います。 すでに各所で散々研究されまくっていますが、あらためて布袋さんの音の気持ち良さについて考えてみます。 曲、ギターソロ、リフ、ステージアクションなど...
山下久美子「Baby alone」と「ある愛の詩」(布袋寅泰BOOWY時代の参加作品 )ドラム池畑潤二について

山下久美子「Baby alone」と「ある愛の詩」(布袋寅泰BOOWY時代の参加作品 )ドラム池畑潤二について

布袋寅泰プロデュース作品第3弾 山下久美子布袋プロデュース作品3部作第3弾「Baby alone」です。 「1986」「POP」と続きギタリスト布袋寅泰の最高の時期の音が封じ込まれています。 また、パートナーでありながらライバル心を燃やして...
20年前のソニーのヘッドホン SONY MDR-CD470

20年前のソニーのヘッドホン SONY MDR-CD470

本ブログの管理人であるフカジは、20年ほど前から酒の深みにはまり、大好きだった音楽の替わりにアルコールが注がれ、音楽の快感を感じる力が年々麻痺し、気がつけば音楽がどうでもよくなった40代の男になっていた。 しかしある日、断酒を決意。270日...
ニューロティカ30周年!

ニューロティカ30周年!

ニューロティカ祝30周年 みんなで歌おうパンクソング!みんなで騒ごうニューロティカ」をスローガンにアッチャン(昔はLUUFFと名乗っていた)率いるニューロティカも30周年のようです。 ニューロティカ30周年 | ニューロティカ 30年も活動...
小泉今日子「BEAT POP」でのギターの存在感(布袋寅泰BOOWY時代の参加作品 )

小泉今日子「BEAT POP」でのギターの存在感(布袋寅泰BOOWY時代の参加作品 )

布袋寅泰がギターで3曲参加 小泉今日子の12枚目のアルバム「BEAT POP」です。 このアルバムは発売日から推測するとBOOWYの解散宣言からLASTGIGSまでの間に作られていると思います 前回紹介した「Baby alone」同様布袋さ...
Return Top