「レコード」 一覧

2018/8/22

メロンコリーそして終りのない悲しみ LPレコードとCDの違い

メロンコリー そして終りのない悲しみのLPアナログレコード Mellon Collie And The Infinite Sadness メロンコリーそして終りのない悲しみは1995年リリースの作品、スマッシング・パンプキンズの3rdアルバムでCD2枚組(UK盤レコード3枚組)120分のボリューム。 ※2012年にVirgin Records Us盤がリリースされているようですが、今回は96年のUK盤の内容です。 こんにちはフカジです、いつもご訪問くださいましてありがとうございます。 1995年頃、ここ数 ...

2017/11/18

ジミ・ヘンドリクスのお墓参りへ行く方法

ジミヘンのお墓参りへ 成田空港からアメリカ、シアトル郊外のジミヘンのお墓までを写真で綴ります、ザーッと流し見して、つかの間の旅をお楽しみください。 成田空港 タコマ空港 電車でシアトルのダウンタウンへ ダウンタウンのBus tunnel バス停からバス106に乗車 BAY6で下車 BAY5からバス105に乗車 NE 4th St & Monroe Ave NEで下車 Greenwood Memorial Parkへ到着 ※2013年ごろの旅行です、情報が古い可能性もありますので、実際に計画される場 ...

2017/11/16

アナログレコードとCDの音の違いを考える

CDとアナログレコードの違い アナログレコードブームは定期的にやっててくる。 なぜか?  CDはレコードよりも音質がよく、ノイズがないとして売りだされた。 楽器を演奏する方ならわかると思うが、よい音とは必ずしも音質がよくノイズがない音ではない、グッとくるかこないかというのが重要だ。 CDとレコード、どちらがグッとくる音かといえばレコードのほうがグッとくるのではないだろうか。 ※MP3などの圧縮録音はさらにグッとくる度が低い。 グッとくるというと漠然だが、私たちの世代にはAKIRAのサントラで馴染みのある芸 ...

2017/11/16

80年代バンドブーム世代が驚くアナログレコード(LP)のプレミア価格ベスト5

80年代バンドブームのころレコードからCDに移行した。この頃にCDの売上が上昇しアナログレコードはそもそものプレス枚数が少なかったため一部プレミア化している。 この中にあなたの押し入れに眠っているレコードがあるかもしれません! ※以下画像はAmazonのCD販売へのリンクです COMPLEX 1st このブログで布袋さん関連は外せませんがBOOWYはどちらかと言うとレコード世代のバンドです。 COMPLEXが発売された頃、世の中はCDに移行している時期ですがBOOWYはレコードで売れまくっているので、限定 ...

2017/12/11

カッティングの名手 山下達郎の使用機材

※2017年8月3日追記:アルバム Ray Of Hope 完成時(2011年)頃のスタジオにおかれたギターエフェクター ギタリスト山下達郎との出会い いつもありがとうございます、フカジです。 冒頭は個人的な思い出話で恐縮ですが、高校生のころバンドものが好きだったときに山下達郎さんの音楽に出会った話です。 布袋さん関連で書いてきたブログなのになぜ山下達郎さんがでてくるかというと、 91年頃に「布袋寅泰 GUITARHYTHMⅡ」がリリースされ、布袋さんがギターマガジンの表紙だった号がありました。 そのギタ ...

2017/10/26

井上陽水奥田民生をみてBOOWYを思い出す

Double Shopping Drive 民生さんのDVDをさかのぼって買ったりしていて、この井上陽水奥田民生のライブDVDに辿り着いた。 2007年の全国ツアーで、もう7年も前のライブである。 十代の頃の「CASE OF BOØWY」ほどではないが週に1回以上はみているというハマりっぷり。 二人のMCの独自の間、ハーモニーの素晴らしさなど、何度見ても飽きない。 MCなんて内容を覚えたのに何度見ても笑いがでてしまうという、まるで噺家さんを見ているようだ(笑) 民生さんは陽水さんをたてて、出しゃばらず、で ...

2017/11/16

布袋寅泰のボーカルと奥田民生のギター

布袋寅泰と奥田民生に共通すること ともに血液型がB型である 布袋寅泰はギタリストととして、奥田民生はボーカリストとしてミュージシャンのキャリアをスタートさせている。 それぞれバンドが解散しソロになったあと、布袋さんはボーカルに力を入れ、民生さんはギターに力を入れ、気がつけばキャリアをスタートしたパート以外の楽器に力をいれて20年以上が経過している。 私フカジはこの20年酒ばっかりのんでおり、まともに音楽を聴いていなかったので、断酒したいま、酒で麻痺させられていたこの20年の音楽の愛情を埋めるべく貪るように ...

2017/11/17

POP GROUP 「ハウ・マッチ・ロンガー」に込められているエネルギー

POP GROUPとの出会い 断酒をして170日以上経過。クリアになった思考と今までは酒でぶっ潰してきた貴重な時間があり、自分の所有しているCD、本などにあらためて触れることができて再発見の連続だ。 そんななか、でてきたのがこのPOP GROUPの2nd、「FOR HOW MUCH LONGER DO WE TOLERATE MASS MURDER?」というアルバム。 購入当時1994年頃購入し、持っていたことすら忘れていたアルバムで、後にも先にも「ジャケ買い」というものをしたのがこの一枚のみ、ジャケット ...

Copyright© ガーってやればいいんだよ , 2018 All Rights Reserved.