ギタリストの機材

中谷のブースカ(アンジー)の使用機材

投稿日:2015-05-12 更新日:

アンジー 中谷のブースカIMG 1443
画像::別冊宝島1989 EG VOL1宝島社

アンジーと中谷のブースカ

スカートをはいたSGを持ったギタリスト、音もだけど見た目のインパクトから入ってきた。

フカジはギターを始めた頃「天井裏から愛を込めて」、「素晴らしい僕ら」をコピーしブリッジミュートの刻みを覚えた、歌メロが乗らずにギターだけ弾いていると、とても重い曲に感じて、メロディとコードの関係をなんとなく学んだ気がする。

そして「銀の腕時計」が心の奥底から弾きたくて何度も練習したおかげで、アルペジオの基礎ができたと思う。

いま思い出すと、中学生ぐらいの頃、BOOWYの曲はCloudyHeartのイントロ、とかNO!.New Yorkの一部とか、一曲とおして弾けなかった。しかしその時期、アンジーのいくつかの曲はBOOWYの曲に比べると1曲の5分の4ぐらいどうにかなった曲もあり、ギターのモチベーション維持につながったのかもしれない。

ここまで書くと記憶が蘇ってくる。よくギター初心者が挫折する要因のFコードの壁は「銀の腕時計」を弾きたいという情熱が突破させたことを思い出した。

なぜ銀の腕時計を、アンジーを好きになったはサマーピクニックというイベントでの模様がNHKで放送され、そのときのパフォーマンスに心を奪われたのだ。

このギターが弾きたくてしょうがなかった。検索すればすぐに映像が出てくる時代に感謝だ。

当時たまたまこの放送を録画していたから曲の良さに気がついたが、初めて見た時は女装した中谷さんの衣装にしか目がいかなかった(笑)

「銀の腕時計」は印象的なアルペジオのリフが繰り返される。このライブバージョンはそのリフを崩しながら計算された様々な裏メロ的ギターフレーズが歌のメロディに絡みなんとも言えない快感がある。

そして、今聴いてもこの中域に特徴のあるSGの音はたまらない。

山口出身のアンジーが福岡で人気者になり、東京へ行きメジャーデビューし全国区の人気を得る

楽曲は、考えると堂々巡りになる深くシュールな詞をPOPなメロディにのせアレンジはハードロック。

水戸さんのシュールで深い詞は福岡にいた頃アンジーを観ていたという、スピッツの草野マサムネさんへと受け継がれる。




1989年アルバム『新しいメルヘン』頃の機材

新しいメルヘン

中古価格
¥719から
(2015/5/12 06:57時点)

Gibson ギブソン エレキギター SG Standard 2014 Alpine White

メインギター

GIBSON FIREBIRD

持っているギター

GIBSON SG ブラック
GIBSON SG ホワイト
GIBSON レスポール
Fender Telecaster Deluxe

エフェクター

ハリボテ君
チューナー
オリジナルカナレシールド15m

アンプ

マーシャル

使用弦

アーニーボール 0.10〜0.46

使用ピック

フェンダーエキストラヘヴィ

参照:別冊宝島1989 EG VOL1 P70 宝島社

アンジーのスコアの高騰もえらいことになっています、バンビもこれも持ってたのになぁ、どこいったんだろ(笑)

最後までお読みくださりありがとうございました。





 



-ギタリストの機材
-

Copyright© ガーってやればいいんだよ , 2017 All Rights Reserved.